デリケートゾーン 手入れ かゆみ 臭い 黒ズミ 除毛

デリケートゾーンの手入れの必要性

デリケートゾーンのお手入れなんて…と恥ずかしがっていませんか?

今や女子にとって「デリケートゾーンのお手入れ」は当たり前のこととなっています。欧米など海外の女性にとっては女性の身だしなみの一つとなっている、デリケートゾーン。水着や下着にむだ毛がはみ出ていると恥ずかしい、のが、今の常識となっています。
またいくら綺麗にしていてもむだ毛のある状態ですとかゆみや黒ずみ、臭いの原因となって、デリケートゾーンの衛生にとっても余り良くなかったりするのです。
しかし、デリケートゾーンと言ってもどこから手入れを始めたらいいのかわからない人もいらっしゃると思われます。なればどこをどう処理をしたらいいのでしょうか?

 

重要な場所とは?

最近のエステ等の美容業界ではデリケートゾーンの中でも3つの場所を重要な場所としています。

前のビキニラインの部分を「Vライン」、「Vライン」と「Oライン」の間の最もデリケートな両サイドのショーツやナプキンの干渉を受けやすい部分を「Iライン」、そしてお尻とその周りを囲むラインを「Oライン」と、デリケートゾーンのお手入れの際にチェックしたい場所とそれぞれ言われています。

 

Vラインは従来からビキニラインとも言われていることもあってか、ここの処理をしている女性は多いですが、IラインやOラインとなると中々自分で処理とは行かなくなります。
そして、自分で処理となるとどこまで処理をしたらいいのかわからないという問題も起こります。

NGケア

デリケートゾーンのお手入れでNGなのが、はさみや剃刀によるカット。肌を傷めて黒ずみを作ってしまう場合もありますし、下着や水着からむだ毛が飛び出してちくちく…返って痛いアンダーヘアを作ってしまいます。昔ながらの線香…というのも毛先が丸くなるという点でははさみや剃刀よりは良いと言われていますが、むだ毛自体をなくすわけじゃないのでちょっと考え物です。

 

一番いいのは

一番いいのは、専門の知識の監修を受けた器具や道具を使って、正しい知識を持ってデリケートゾーンのお手入れをすること。これが一番の近道だと思います。最近のお手入れグッズは女性の衛生や悩みに応じた安全に処理出来るものが増えていて、嬉しい限りとなっています。もし、デリケートゾーンのお手入れを気にしたら、これらのグッズを手に取ってみてはいかがでしょうか。

デリケートゾーンのかゆみ

 

  1. デリケートゾーンにかゆみが発生してしまう理由とは
  2. デリケートゾーンのかゆみを発生させる疾患
  3. デリケートゾーンにかゆみを発生させない正しいケア方法
  4. 生理の時デリケートゾーンにかゆみが感じる原因と対処法
  5. デリケートゾーンにかゆみが発生している際に行って欲しい生活ポイント

 

デリケートゾーンにかゆみが発生してしまう理由とは

デリケートゾーンのかゆみなんてはずかしいと思われるかもしれませんが、デリケートゾーンのかゆみに困っている方は意外と少なくありません。
1度は誰でも経験した事があるであろう、よくある問題とも言えます。

 

外出した時や誰かと一緒に居る時にデリケートゾーンにかゆみを感じてしまったら、どうしたらいいのかわからないくらいに困ってしまうものです。
デリケートゾーンのかゆみは、様々な原因により発生してしまいます。
放置しておくと厄介な状態に発展してしまう事もございますので、早めのケアで改善へと導くようにしましょう。

 

デリケートゾーンのかゆみの原因は、これらが考えられます。

 

不衛生なデリケートゾーン

生理やおりもの、尿、汗など、デリケートゾーンは不衛生になってしまう要素がたくさんあります。
快適な部位ではありませんので、皮膚に刺激を与えてしまいかゆみを発生させてしまいます。
デリケートゾーンは清潔を保つようにし、不衛生にしないよう努力をしましょう。
生理の時になる事が多い場合は、生理用品の種類を変える等してみると変化を得る事が出来ます。
衣服は、通気性の面の素材や良いズボンやスカート等、湿気をデリケートゾーンに滞留させない物をチョイスするようにしてみましょう。
湿気を取り除く事で細菌が居続けにくくなりますので、かゆみ撲滅に努める方向へと導く事が出来ます。

 

皮膚のこすれ

デリケートゾーンの女性の下着はぴったりくっついている事が多いので、皮膚がこすれやすい環境であるがたに不快感となってしまい、かゆみを発生させてしまう事があります。
こすれる事によりかゆみが発生している場合は、少し大きめの下着に変える事をオススメします。

 

性交渉における感染

男性にも女性にも、見た目では判別がつかない感染症を持っている事があります。
感染症を持っている相手と避妊せずに性交渉を行う事で、感染症の感染となってしまう事があります。
感染症によるかゆみは重篤な原因の場合もありますので、避妊せずに性交渉を行う事は絶対避けるべきポイントとなります。

 

温泉やプールなどの水による感染

温泉やプールなどの水質はキチンんと管理されているので気にする事は無いはずなのですが、稀に管理が良くない温泉やプール等により、感染症に感染してしまう事があります。
感染症の菌は高温多湿が大好きな環境であり、温泉やプールは最適な環境となります。
温泉やプールに入った後でかゆみが発生したら、温泉やプールにより感染した可能性があります。

 

このように、身近にデリケートゾーンのかゆみが発生してしまう原因は、意外と多くあります。
もしもかゆみが発生してしまった場合は、それを防ぐ対処法でかゆみを少しでも軽くさせるよう努力をするようにしましょう。

 

▲トップ

デリケートゾーンのかゆみを発生させる疾患

デリケートゾーンにかゆみが発生する場合は、デリケートゾーンに疾患が発生している場合があります。
デリケートゾーンに発生してしまう、かゆみを伴う疾患をご紹介します。

 

カンジタ性膣炎

カンジタという菌がデリケートゾーンに発生する事で発症する性感染症です。
女性に多く、強いかゆみを伴うのが特徴です。
男性に少なく女性に多い理由は、温かく湿った場所が大好きであり女性の陰部がその状態に該当するからです。
男性の場合、鬼頭から分泌物が出ている状態が症状となります。
陰部より酒粕のような白くてボロボロとしたおとものが発生し、陰部が真っ赤に腫れ上がってしまう事もあります。
カンジタ膣炎の場合、性交渉が無くても発生してしまう性病であることも、大きな特徴となります。

 

膣トリコモナス症

トリコモナスという生物が繁殖し、発症する性感染病です。
独得の異臭を放つおりものが発生し、陰部のかゆみの他に排尿時や性交時に痛みや不快感となってしまいます。
膣トリコモナス症を防ぐ為には、コンドームを使って性交渉を行う事です。
治療には、メトロニタゾールというお薬を使って治療を行います。

 

性器クラジミア感染症

若い世代に多く広がっている傾向があり、2007年には高校生の10%が感染していると言われた性感染症です。
特に日本での感染率が高い傾向があり、不妊症の原因ともなってしまいます。
性器クラジミア感染症は症状が出ない事もあり、ディープキスでも感染してしまう程の厄介さです。
無症状で徐々に進行してしまう恐ろしい性感染症であり、悪化すると他の病気を併発してしまいます。
男性の場合、前立腺炎や火炎、腎炎等を引き起こしてしまう場合があります。
女性の場合は、子宮外妊娠や急性腹膜炎、卵管炎、肝周囲を引き起こしてしまう事があります。
その為、男性は泌尿器科、女性は産婦人科にかかる事をオススメします。
感染したり他の病気を併発してしまっても、お薬で治す事が可能ですので治療さえ受ければ問題ありません。

 

淋菌感染症

男性は、勃起時や排尿時に激しい痛みを伴ってしまい、排尿の際に勢いが無くなってしまう性感染病です。
女性男性問わず無症状の場合もあるので、厄介な症状でもあります。
少しでも痛みや変化を感じたら、すぐに泌尿器科に行かれる事をオススメします。

 

性器ヘルペス

潜伏期間が2〜10日程であり、水泡やかゆみが発生してしまう性感染症です。
治るまで、2週間ほどかかってしまいます。
性器ヘルペスは、1度かかってしまうと再発してしまう傾向がある厄介な感染症であり、再発の場合は1週間ほどで症状が治まります。

 

接触性皮膚炎

アレルギーや薬、光などの影響により。お肌がただれてしまったりかゆくなってしまう症状です。
デリケートゾーンの接触性皮膚炎は、衣類や生理用品、コンドーム、坐剤、下剤、おむつなどで発生してしまう傾向があります。
該当しているであろう原因がわかったら、そのアイテムの使用をさけるようにしましょう。
軟膏などのお薬を塗る事で症状は治まっていき、内服薬を併用して治療する場合もあります。
皮膚科で検査する場合は、接触性皮膚炎の原因となってしまったであろうアイテムを直接接触させ、皮膚の反応を確認した上で原因を突き止めます。

 

いんきんたむし

白癬菌と呼ばれている症状であり、陰部からふとももにかけて皮膚がただれて炎症を起こしてしまう皮膚疾患です。
原因は白癬菌という菌が原因であり、非常に強いかゆみを発生させてしまいます。

 

毛ジラミ症

毛ジラミは頭や衣服、陰毛に発生してしまう事が多く、性交渉により感染してしまいます。
感染した場合、数週間で激しいかゆみに襲われてしまいます。
しかし、慢性感染者の場合は、かゆみが発生しない事もあるようです。
激しく異常なかゆみを感じたら、皮膚科医にご相談するようにしましょう。

 

このように、デリケートゾーンに発生してしまうかゆみは、既に感染症や皮膚炎となっている場合もあります。
放っておくと大変な状態へと発展してしまう事もありますので、おかしいなと思ったらすぐに病院で相談をするようにしてみましょう。
デリケートゾーンのお悩みはなかなか相談しにくいのかもしれませんが、大切なデリケートゾーンですので早めの解決が重要となります。

 

▲トップ

デリケートゾーンにかゆみを発生させない正しいケア方法

デリケートゾーンにかゆみが発生してしまう事が多い方は、デリケートゾーンのケアが間違っている可能性があります。
適したデリケートゾーンのケア方法で、かゆみを起こさないデリケートゾーンをキープするようにしましょう。

 

デリケートゾーンには市販のボディソープは不向き

体を洗う際に使う市販の一般的なボディソープは、デリケートゾーンには少し負担が大きくなってしまいます。
その理由は、市販の一般的なボディソープは洗浄力が強すぎる事です。
デリケートゾーンは粘膜等デリケートな部分が多いので、強い洗浄力で負担を掛けてしまい、かゆみを発生させてしまう事があります。
デリケートゾーンにかゆみを起こさない為には、デリケートゾーン専用の洗浄剤を使うようにしましょう。
また、優しく洗いあげる事も大事なので、モッコモコのきめの細かい泡で優しく洗う事もとても重要となります。
指や手でこすりすぎると大きな負担となってしまいますので、絶対に避けるようにしましょう。

 

毎日お風呂に入る

こまめに洗い過ぎるのは良くないと言われていますが、不衛生では良くありません。
毎日お風呂に入り、デリケートゾーンを清潔に保つよう心がけましょう。

 

通気性の良い下着を付ける

デリケートゾーンにかゆみが発生してしまのは、湿気が多い環境です。
下着はどうしても締め付けてしまう傾向がありますので、締め付けない下着に変えてみましょう。
女性であれば、締め付けない緩めの下着にしましょう。
男性の場合は、トランクスのような緩めで通気性の良い下着がオススメです。

 

おりものシートを付けない

デリケートゾーンを衛生的にキープしたいがために、おりものシートを使われる方がいらっしゃいます。
しかし、かゆみが発生している場合は、おりものシートが原因となっている場合がありますので、使用を止めるようにしましょう。

 

 

抗炎症剤の使用

かゆみが酷い状態が続く事が多い場合は、抗炎症剤を使う事と体質的に改善していきます。
抗ヒスタミンや副腎皮質ホルモン剤等は、かゆみを軽減させてくれます。
これらは皮膚科の方で処方してもらえますので、お医者さんにご相談をしてみましょう。

 

アンダーヘアを整える

汚れや雑菌、湿気を滞留させない為には、アンダーヘアを整えるとトラブルが起きにくくなります。
アンダーヘアを短く切ったり範囲を狭めると、雑菌が発生しにくくなります。

 

アンダーヘアの自己処理を止める

アンダーヘアの自己処理は皮膚に負担をかけてしまい、かゆみを引きこしてしまう事があります。
自己処理で肌負状態が酷くなっていく場合は、脱毛サロンや美容外科でアンダーヘアのケアをしてもらう事をオススメします。
脱毛サロンは、お安いアンダーヘアの脱毛施術もございますので、検討してみると良いでしょう。

 

この様なケアで、デリケートゾーンのかゆみを起こさない状態へ導く事が出来ます。
それでも治らない場合は、皮膚や泌尿器科などお医者さんにご相談をするようにしてみましょう。

 

▲トップ

生理の時デリケートゾーンにかゆみが感じる原因と対処法

生理中や整理が終わった後等、デリケートゾーンがかゆくなってしまう事ありますよね。
でも、部位が部位ですので、誰にも相談できずに悩んでいる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 

生理中のデリケートゾーンのかゆみは経験がある方が多く、2人に1人は生理時のかゆみに悩んだ事があるようです。
意外と多くいらっしゃいますので、自分だけと悩む事はありませんよ。
生理中のデリケートゾーンのかゆみは、生理中だから仕方ないと思われて諦める方も居ると思いますが、原因に目を向けてかゆみが発生しないように変えてみませんか。
生理中にデリケートゾーンのかゆみが発生する際に、把握してほしいポイントをまとめてみました。

 

生理ナプキンの影響が大きな負担

生理中に発生してしまうデリケートゾーンのかゆみ原因は、生理ナプキンによるかぶれです。
生理時のナプキンの負担は想像以上に高く、ムレと摩擦を発生させてしまう事で不快なかゆみを発生させてしまいます。
特に多い原因としては、ナプキンを長時間変えず湿った状態が続いてしまうケースです。
経血や汗などにより湿気状態が長時間続き、お肌に大きな刺激となってしまいかゆみを引き起こしてしまいます。
生理ナプキンはこまめに取り替えるようにし、かゆみが酷い場合は違うメーカーに変えてみると改善する場合があります。

 

異常なおりものが発生している場合は要注意

生理中に異常なおりものが発生している場合、生理だからではなく、病気などの影響で発生しているかゆみの恐れもあります。
おりものの臭いが酷い、色や粘度が通常と違うなど、異常に感じた不安な要素がある場合は、お医者さんにご相談をしましょう。
カンジタ膣炎や毛じらみ、トリコモナス膣炎などの性感染病の場合もあります。
臭いや色合いが変な場合は、婦人科で診て貰うようにしましょう。

 

生理中によくある原因「ストレスや寝不足」

また、生理中によくある事としては、極度な疲れによる負担による変化が発生してしまう事がある事です。
ストレスや睡眠不足などの過労により免疫低下し、最近下線しやすい状態となってしまいかゆみを引き起こしてしまう事があります。
ストレスや睡眠不足などの生活習慣の乱れが改善されると、デリケートゾーンのかゆみが治まっていく事があります。

 

お肌が弱い方はデリケートゾーンがかゆくなりやすい

元々お肌が弱い方はデリケートゾーンのかゆみを引き起こしやすい傾向があります。
お肌の力を上げるため、ビタミン等お肌に良い成分を摂取する事もとても重要となります。

 

デリケートゾーンは、生理中だけではなく常に清潔に保つ事が大事となります。
まずは生活をキープし、様々なケアを取り入れて、生理中でもかゆみを発生させないデリケートゾーンへと導きましょう。

 

▲トップ

デリケートゾーンにかゆみが発生している際に行って欲しい生活ポイント

デリケートゾーンにかゆみが発生している際には、生活習慣を変える事で楽になったり改善される事があります。
どのようなポイントによりデリケートゾーンのかゆみが軽くなるのか、そのポイントをご紹介致します。

 

下着を変える

下着は締め付ける状態の物が多く、通気性が無い下着程可愛かったりカッコよかったりします。
しかし、それらの下着は通気性が悪く締め付けが強い事で摩擦力を発生させてしまいます。
下着は面のもの歳、締め付けない緩めの物を使うようにしてみましょう。

 

スカートをはく

女性の場合、スリムのパンツスタイルの場合、大きな摩擦力と通気性の無さを発生させてしまいますので、デリケートゾーンに大きな負なってしまいかゆみを引き起こしてしまう事があります。
女性は、スカートをはくようにすると通気性がかなり高まりますので、かゆみの原因菌を発生させづらくさせる事が出来ます。

 

動くよう心がける

かゆみを引き起こす方の特徴として、座りっぱなしの方が多くいらっしゃいます。
一定の場所から動く事無くジッとしていると、ムレが発生しやすくなり湿気によりかゆみを発生させてしまいます。
ちょっと外出するとか、動く習慣を付けてみましょう。

 

清潔を心掛ける

デリケートゾーンはデリケートな部分ですので、余計な負担を掛けない為には清潔をキープさせる事はとても大事となります。
優しく丁寧に洗い、雑菌を寄せ付けないデリケートゾーンとしましょう。
特に、汗をかいた後は必ずお風呂やシャワーを浴びるようにしましょう。

 

体を温める

女性の場合冷え性の方が多くいらっしゃいますが、冷え性は血流が悪くなってしまうので、ムレが生じやすい肌かん居糸なってしまいます。
体を暖める方法は、湯船に浸かったり温かい物を食べる事で、簡単に暖める事が出来ます。

 

ストレスを抱え込まない

ストレスを抱えこんでしまうと、免疫機能が低下してしまいかゆみが発生しやすくなってしまいます。
ストレスは抱えてしまうものですので、抱えない訳にはいきません。
その為、ストレスを抱え込まないよう、上手に過ごしていく事が重要となります。
趣味の時間を充実させたり、よく笑い良くしゃべり、上手にストレス発散をしてみましょう。

 

質の良い睡眠時間を取る

ただ睡眠をとるのではなく、質の良い睡眠をとる事を心掛けてみましょう。
夜更かしや質の良い睡眠が取れていないと、免疫機能の低下によりかゆみを発生させてしまう事があります。
22〜2時のお肌のゴールデンタイムは、必ず熟睡するよう心がけましょう。

 

かゆみが起きやすい食べ物を食べない

デリケートゾーンのかゆみが発生してしまう場合は、かゆみが起きやすい食べ物を控えてみると違いが発生する場合があります。
お酒やお餅類、チーズ、白身魚、ナッツ類など、これらはかゆみが起きやすい方には禁物の食べ物ですので、控えるようにしましょう。

 

このように、これらのポイントに気を付けて生活をしてみると、デリケートゾーンのかゆみを軽くさせる事に繋げる事が出来ますので、是非実行してみましょう。
かゆみは、とても不快な事です。
フェミニーナ軟膏等のお薬や治療等と併用し、かゆみが気にならないよう導いてみましょう。

 

▲トップ

更新履歴