デリケートゾーン 痒み 原因

デリケートゾーンの痒みの原因

デリケートゾーンにとって困る、かゆみ。

 

その原因は何によるものが多いのでしょうか。

 

デリケートゾーンのかゆみは大きく分けて3つのかゆみがあります。

 

  • 1つめは腫瘍によるもの、
  • 2つめは感染によるもの。
  • 3つめはムレてかゆくなること、と分けることが出来ます。
一番怖いのが腫瘍によるかゆみ。

陰部の場所にはページェット病という腫瘍が、高齢の人にはみられる場合があります。この場合は専門の皮膚科で見て貰うことが必要になってきます。

 

そのつぎに怖いのは、毛ジラミ、カンジダ膣炎などの病気。

毛ジラミは毛につくシラミが原因の炎症を指します。これはデリケートーゾーンを綺麗にしててもセックスなどで移ることがあるので要注意です。
またカンジダ膣炎(腟カンジダ症という方もいます)は、腟に常在しているカンジダという菌が異常増殖して発症する病気で、デリケートゾーンにしみるようなかゆみや痛がゆいようなヒリヒリ感が起こるのが特徴的です。
これらの病気は婦人科か皮膚科で見てもらうことができますので、ちょっと気になるようでしたらすぐ行ってみるとよいでしょう。

 

カンジタ膣炎の詳細はコチラ>>

 

自宅で匿名で出来る検査もありますので、気になる方は調べてみてはいかだですか?
自宅で簡単に出来る膣炎検査薬

 

そして3つめが、誰にでも起きやすいムレによるかゆみ。

デリケートゾーンの軟膏薬で有名な薬品メーカーの小林製薬による調査によると、デリケートゾーンのトラブルのトップ3は「ムレ」「おりもの」「ナプキン」
そのなかでもムレは湿度や温度の高い状態にあると雑菌の繁殖がしやすくなり、かゆみだけでなく、黒ずみや臭いも生み出す原因を作ってしまいます。
もともと、女性の陰部は生理の際の月経やおりものなどの原因によって蒸れやすい箇所でもあるので、女性にとってデリケートゾーンのかゆみは誰しも一度は経験するものだといわれているのです。

 

そしてこれらのかゆみの予防として一番重要なのは、ムレないように普段からデリケートゾーンの状態を清潔に保つことだといわれています。
ですが、今の日本の生活は清潔志向が強くて、皮膚のもっている自分の治癒力を壊す傾向があります。かゆみがでると清潔にしようと強くおもって、逆にかゆみの原因をつくってしまう場合もあったりします。
大事なのはデリケートゾーンの表面がいつも新鮮な空気に触れることがポイント。ここが密閉して湿度が高くなると、デリケートゾーンが蒸れてしまい、それがかゆみにつながっていきます。
特に夏場は群れやすい季節なので、通気性のいい下着を着けたりむだ毛をカットするなどをしてデリケートゾーンが常に新鮮な空気に触れておきましょう。

 

また、デリケートゾーン専用のソープなどは、肌に優しい弱酸性で更に肌を健やかに保つ天然成分が使われていますので、こういった専用ソープを使うだけで全然違ってきます。気になる方は参考にしてみて下さい↓

 

ムレ対策では今では自宅で簡単に脱毛ケアができますよ。 脱毛器ラヴィ