デリケートゾーン 黒ズミ 原因

デリケートゾーンの黒ズミの原因

↓詳細は公式サイトへ↓

 

デリケートゾーンをお手入れする際に見つけてしまってがっくりくるのが、黒ずみ。さて、この黒ずみ、何が原因となっているのでしょうか?

 

デリケートゾーンの黒ずみは、肌トラブルによる色素沈着、加齢によって生じる黒ずみ、下着やナプキンなどのムレによって生じる摩擦によるもの、等があげられます。
まずは肌トラブルによる黒ずみ。脇の下やデリケートゾーンというのは肌が弱く敏感に出来ているために、ちょっとした刺激を受けやすく出来ており、ささいな肌トラブルによって色素が沈着し黒ずみを作ってしまうことが有ります。また、自分でデリケートゾーンを処理しようと剃刀で処理していると剃刀負けなどによって、皮膚を傷つけてしまい黒ずんでしまうケースもあるので、剃刀は厳禁といえますね。

 

つぎに加齢による黒ずみ。年齢が重なる毎にVIOラインの黒ずみやくすみがひどくなって悩んでしまうひとも少なくありません。この黒ずみは加齢によって女性ホルモンが減少したり、同時に肌のターンオーバーが乱れてしまうなどの理由により、古い角質層が剥がれ落ちなくなって黒ずみの原因になってしまうことがあります。特に紫外線を浴びやすい箇所ですとメラニン色素が作られやすく、色素が沈着して黒ずみがおこりやすくなります。よってなるべくメラニン色素が沈着しないように紫外線をあびないようにする、などの対策が必要になってきます。また、女性ホルモンの減少による黒ずみは、例えば出産を経験した人、年齢をとったひとなどによる肌のくすみから起こりやすい傾向があります。この黒ずみを少しでも解消するためには、体の外側だけじゃなくて内側からの予防(ストレスを溜めない、規則正しい生活をするなど)も必要になってきます。

 

最後に気をつけたいのが、下着やナプキンによるムレによる黒ずみ。デリケートゾーンの皮膚はとても繊細で弱く出来ています。ショートや水着、締め付けの強いパンティストッキングなどを着ていると、動く旅にムレが生まれ、黒ずみを作ってしまうことが有ります。皮膚というのは外の刺激を受けると守ろうとする力が働き、メラニン色素を生み出して皮膚を守ろうとします。またナプキンを長期間付けていると肌が炎症をおこし色素を沈着させてしまうこともあります。デリケートゾーンの黒ずみは生活環境が大きいとも言えるのです。

 

黒ずみの予防としては、敏感な肌でも使える低刺激のソープを使ったり、なるべくムレを起こさないよう普段のデリケートゾーンの手入れをしておくなど、デリケートゾーンが摩擦を起こさないように普段から気を遣うことが大事になってきます。

 

黒ずみが気になる方へ、ご参考までに↓