デリケートゾーン 臭い 原因

デリケートゾーンのニオイの原因

デリケートゾーンのニオイ、ちょっといやですよね。このニオイ、何が原因で起きるのでしょうか?

 

デリケートゾーン、それもIゾーンにあたる陰部は普段は閉じており、ショーツ等の布で覆われているので、基本的には周りの人に届くことはありません。例外としてえ男性との性交渉の時にはむわっと独特のニオイが相手に感じる場面もありますが、基本的には程度の差はあれど、誰でもある程度のニオイはあるので気にする必要はないかと思われます。
それが他人まで感じるような気になるニオイとなるときと言うのは、毛に付いた雑菌が繁殖してしまってニオイとなるケース、あるいは尿などの排泄物や恥垢、おりものが残ってしまいこれらのニオイがそのまま充満するケースなどがあげられます。

 

デリケートゾーンは、わきがでお馴染みの脇と同じくアポクリン腺が多い場所なのですが、長い期間下着を替えないなどで換気の状態を悪くするとニオイの元である尿や恥垢、おりものなどの分泌物が溜まって環境が悪化し、その結果ニオイが発生してしまいます。尿はもともと無菌ですが、毛に付いた尿をそのまま置いておくと付いたむだ毛から雑菌が発生し、湿度が高くなることによって雑菌が繁殖してしまうのです。これはいくらお風呂でデリケートゾーンを洗っていても、通気性が悪いと意味がありません。特に刺激の強いボディーソープや石鹸で洗うのはお勧めしません。陰部の環境を維持するには毛に付いた汚れをシャワーで洗い流す程度で十分であり、洗いすぎは返って陰部の自己洗浄力を低下し、雑菌の繁殖を誘発し、ニオイの原因となってしまうこともあります。

 

デリケートゾーンのニオイ対策としてはまた出来れば通気性の高い素材の下着を着けることや、下着をこまめに取り替えることで、デリケートゾーンがムレないようにすることも大事です。出来れば、寝ている間に汗を掻いていることが多いので、下着の取り替えは朝に行うといいでしょう。

 

また、デリケートゾーンの毛を短くしたり量を減らすなどをして、デリケートゾーンに尿や分泌物が毛に付かないようにしたり、ついても拭いて残らないようにすることでニオイを抑えることができます。日頃からデリケートゾーンの毛を処理しておくことによってムレを軽減することが出来ます。最近では、VIO、すべてのデリケートゾーンにあった脱毛も発達しているので、処理が面倒かも…と思っている人はコレを利用するのも良いかもしれませんね。