カンジダとは

カンジタとは

カンジダとは、カビの一種で、カンジダという真菌が原因の病気です。
このカンジダは、普通の人ならば、身体のあちこちに常在しており、女性で言えば膣内に10%は真菌がいるとされています。

 

このカンジダが女性の外陰部に感染することを、外陰カンジダ症と呼びます。
また、肺内に感染することもあり、それをカンジダ肺炎と言います。

 

また、カンジダに感染しても、少なくとも一か月しないと検査判断が出来ないと言われる場合もあります。

 

カンジダに感染すると、女性は酒粕のようなボロボロしたおりものが増えて、感染したところに激しいかゆみを生じます。このおりものは、カッテージチーズのようだともたとえられます。
男性ですと、排せつ時の痛みや性器から膿が出たりします。亀頭に白い水泡ができたりもします。

 

主に妊娠中の女性や、抗生物質を服用している女性などに多く見られます。
疲れた時や、体調が悪い時、過度のストレスが溜まっているときなどは、膣内の乳酸菌が減り、カンジダ菌が悪さをしやすくなるといいます。

 

また、女性のデリケートな部分を石鹸で毎回洗ったり、ナプキンを長時間使用して、ショーツ内が蒸れていて、菌が繁殖しやすくなっていたりするとなるそうです。逆に、清潔にすることは良いことなのですが、清潔にしようとし過ぎてしまうと、余計に菌を繁殖させる状態に陥ってしまいます。これは、といれで、ビデなどのウォシュレットを過剰に使いすぎることも、原因の一つとして挙げられています。
そして、カンジダが治ったと思っていても、生理や性交渉後にもぶり返してしまう可能性があるので、病院に通った際は、もういいですよと言われるまできちんと通った方がいいでしょう。
中途半端に通っていると、またかゆみなどが出てくる可能性もあります。

 

感染源としては、性行や、尿便、手や指、タオルなどが挙げられます。
そこから分かるとおりに、性交渉で相手に移る可能性もあるので、気を付けましょうね。

自宅で出来るカンジタ膣炎検査キット

デリケートゾーンの痒みの原因はいくつかあります、カンジタ膣炎もそのひとつ。でも仕事が忙しくて、あるいはちょっと恥ずかしくて婦人科には行けない、そんな貴女の手軽なカンジタ膣炎検査キットがあります。まずこの検査キットで検査しててみて下さい。その結果をみて病院にいってみても遅くはありませんので。

カンジダとは関連ページ

カンジタ膣炎とその症状
カンジダ膣炎とは、身体に住み着いているカンジダ菌が、身体が弱ったり、免疫が低下したりすることにより、体内で繁殖し、膣や、外陰部へとかゆみが発生したりする病気です。外陰部は赤くただれたり、おりもの自体が白く濃いものであったり、また、どろっとしたものだったりします。量が多くなるわりに、臭いは強くないようです。
カンジタ膣炎の治療
カンジダは、カビの一種である、カンジダ菌が、体調などが悪く免疫力が低下している時に感染することなどが分かりました。女性で言えば、幹部は膣や外陰部であり、かゆみやおりものが増えるなどの症状が現れます。では、どうやって治療したらよいのでしょうか?
カンジタ膣炎の検査キット
なんだか、この間、生理が終わったあたりから、デリケートゾーンがおかしい・・・。そんな悩みがある女子高生が居たとする。でも、病気かもしれないけれど、産婦人科には恥ずかしくていけない。もちろん、女子高生だけじゃなくて、大人の女性だって、婦人科に行くには抵抗がある。
カンジタ膣炎のお薬
カンジダ膣炎になったかもしれない。でも、もしかしたら、もっとひどい病気かも?悩んでも悩んでも解決されないですよね。でも、病院へ行く勇気もないし・・・誰かに相談も出来ない。