カンジタ膣炎とその症状

カンジタ膣炎とその症状

カンジダ膣炎とは、身体に住み着いているカンジダ菌が、身体が弱ったり、免疫が低下したりすることにより、体内で繁殖し、膣や、外陰部へとかゆみが発生したりする病気です。
外陰部は赤くただれたり、おりもの自体が白く濃いものであったり、また、どろっとしたものだったりします。量が多くなるわりに、臭いは強くないようです。

 

だいたいの方が、激しいかゆみで気づきますが、カンジダ膣炎に関しては、性交渉が感染の原因だけではなく、みだりに陰部を清潔にし過ぎてしまう(石鹸で洗いすぎる、または、トイレのビデを多用する)事などで発症することがあります。
その他には、自分の手や指から感染することもあります。
よく言われるのが、銭湯などで、女性の椅子などから感染することなどが挙げられます。

 

その症状としては、上記しましたが、かゆみがひどいという事、患者さんの中には、気が狂うほどのかゆみだという方もいらっしゃるようです。
また、原因としましては、栄養不足や、糖尿病の方、ビタミンBの不足、甘いものの食べ過ぎ、などで発症するそうです。
また、妊娠中など、免疫が落ちている方、健康状態が悪い方、抗生物質の投与をしている方の発生率が高くなっています。

 

カンジダはほかの膣炎とは違い、真菌の病気ですので、抗生物質はきかず、むしろ悪くなってしまいます。
治療をするときには、抗真菌剤を投与しなければならないので、しっかり、治るまでお医者様に通った方がいいと思われます。

 

治療方法としては、抗真菌剤を膣内に挿入し(これは座薬と呼ばれます)、外陰部にも炎症がある場合は炎症役を塗ります。だいたい2週間から3週間ほどで治ります。

 

発症した時には、通常の状態とまったく違う状態になるわけですから、すぐにわかります。
気づいたらすぐに病院、男性で、性器に出ている場合は「性病科」や「泌尿器科」へ…。
女性でしたら、「皮膚科」「婦人科」「産婦人科」へ行くことをお勧めします。

自宅で出来るカンジタ膣炎検査キット

デリケートゾーンの痒みの原因はいくつかあります、カンジタ膣炎もそのひとつ。でも仕事が忙しくて、あるいはちょっと恥ずかしくて婦人科には行けない、そんな貴女の手軽なカンジタ膣炎検査キットがあります。まずこの検査キットで検査しててみて下さい。その結果をみて病院にいってみても遅くはありませんので。

カンジタ膣炎とその症状関連ページ

カンジダとは
カンジダとは、カビの一種で、カンジダという真菌が原因の病気です。このカンジダは、普通の人ならば、身体のあちこちに常在しており、女性で言えば膣内に10%は真菌がいるとされています。このカンジダが女性の外陰部に感染することを、外陰カンジダ症と呼びます。また、肺内に感染することもあり、それをカンジダ肺炎と言います。
カンジタ膣炎の治療
カンジダは、カビの一種である、カンジダ菌が、体調などが悪く免疫力が低下している時に感染することなどが分かりました。女性で言えば、幹部は膣や外陰部であり、かゆみやおりものが増えるなどの症状が現れます。では、どうやって治療したらよいのでしょうか?
カンジタ膣炎の検査キット
なんだか、この間、生理が終わったあたりから、デリケートゾーンがおかしい・・・。そんな悩みがある女子高生が居たとする。でも、病気かもしれないけれど、産婦人科には恥ずかしくていけない。もちろん、女子高生だけじゃなくて、大人の女性だって、婦人科に行くには抵抗がある。
カンジタ膣炎のお薬
カンジダ膣炎になったかもしれない。でも、もしかしたら、もっとひどい病気かも?悩んでも悩んでも解決されないですよね。でも、病院へ行く勇気もないし・・・誰かに相談も出来ない。