カンジタ膣炎 薬

カンジタ膣炎のお薬

カンジダ膣炎になったかもしれない。でも、もしかしたら、もっとひどい病気かも?
悩んでも悩んでも解決されないですよね。
でも、病院へ行く勇気もないし・・・誰かに相談も出来ない。

 

そんな中、いろいろ調べていたら、自分で検査が出来るキットがあることを知ったとします。
そのキットは、自分の織物のPHの値で調べることができるキットで、カンジダ、催奇性膣炎、トリコモナス症の3つの症状が調べられます。

 

もし、きっかけとして、おりものの量が多くなってしまったから。とか、悪臭がするとか、外陰部がとても痒い、またはただれている。などの症状があった場合。
セルフで調べられる、とても良いキットです。

 

そのキットで調べると、PHが4.5以下ならばカンジダ膣炎の疑いがあり、また、PHが5.0以上であると、細菌性膣炎や膣トリコモナス症の疑いがあります。

 

特にこの最後の二つ、細菌性膣炎や、膣トリコモナス症の場合、大変危険な病気であり、将来出産する時まで問題になってくることがあるので、すぐに病院へ行った方がよいとされています。
カンジダは特に明記は無く、通販でお薬が購入できるところもありますが、自己判断でお薬を飲んだりするのではなく。これも病院へ行くことをお勧めします。

 

また、キットも2回検査出来て、4,770円とお得であり、郵送される際にも、茶色い箱に商品名がコードのみと、外から分からないようになっているので、安心して受け取ることができます。

 

また、飲み薬の場合、カンジダ治療薬として、膣内の乳酸菌を正常な値まで戻し、健康なバランスを取り戻す、フェミプロバイオと、カンジダ菌をハーブの力で除去するカンジタクリアスーパーの二つが有名でですが、これはあくまで自己判断の上の薬であり、本来であれば、きちんと病院へ行き、診察をしてもらってお薬をその期間処方してもらうことが一番良いと思います。

 

キットなどで調べることは可能ですが、この病気は繰り返してしまう可能性のある病気です、根本からの治療をきちんと行うために、一度病院でしっかり診察してもらいましょうね。

 

 

カンジタ膣炎のお薬関連ページ

カンジダとは
カンジダとは、カビの一種で、カンジダという真菌が原因の病気です。このカンジダは、普通の人ならば、身体のあちこちに常在しており、女性で言えば膣内に10%は真菌がいるとされています。このカンジダが女性の外陰部に感染することを、外陰カンジダ症と呼びます。また、肺内に感染することもあり、それをカンジダ肺炎と言います。
カンジタ膣炎とその症状
カンジダ膣炎とは、身体に住み着いているカンジダ菌が、身体が弱ったり、免疫が低下したりすることにより、体内で繁殖し、膣や、外陰部へとかゆみが発生したりする病気です。外陰部は赤くただれたり、おりもの自体が白く濃いものであったり、また、どろっとしたものだったりします。量が多くなるわりに、臭いは強くないようです。
カンジタ膣炎の治療
カンジダは、カビの一種である、カンジダ菌が、体調などが悪く免疫力が低下している時に感染することなどが分かりました。女性で言えば、幹部は膣や外陰部であり、かゆみやおりものが増えるなどの症状が現れます。では、どうやって治療したらよいのでしょうか?
カンジタ膣炎の検査キット
なんだか、この間、生理が終わったあたりから、デリケートゾーンがおかしい・・・。そんな悩みがある女子高生が居たとする。でも、病気かもしれないけれど、産婦人科には恥ずかしくていけない。もちろん、女子高生だけじゃなくて、大人の女性だって、婦人科に行くには抵抗がある。